Harry Potter Vol.1 を読んでいます

今、Harry Potter and the Sorcerer's Stone を読んでいます。

この本( US版 :要するに厳密には原書ではなく洋書なのです )は何年か前に、人気が出始めたころ買って、やはり精読(いえ超精読)をしたため挫折して、しまいこんでいた本です。そのときは、まだ映画も見たことがなく、和訳の本も読んだ事がなく、・・・要するに挫折をするべくして挫折したわけです。アプローチが間違っていました。

今回は、今までにDVDで映画を2度くらいは見ていますので、話の内容がわかっていますし、<「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で読める本>という強い味方がついています。
この本がなければ、私はこのペーパーバックをもう一度読んで見ようとは思わなかっただろうと思います。魔法界にかかわる特殊な表現、ラテン語やギリシャ語に根ざした表現、西洋の伝説に登場したものからの名前等々、独特な表現が続出します。この<「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で読める本>にはそういう表現の説明が丁寧にされていますので、参考にしながら、ゆっくり読み進めています。しかも、ノートをとりながら。

しまいこんであったこの本を見つけて読もうと決めたとき、「今、読むためにあなたは待っていてくれたのねー。」などと勝手な解釈をしている、お気楽な私です。

画像ここで、白状してしまいますと、SSS式多読の方針からは少しそれた方法で、読み進めてきました。特殊な表現をしっかり理解するためと、どんな物語でも始めは時間が相当かかるものですから、導入部をしっかり理解するために、今回に限り(?)精読に近い形で、Chapter 8 まで読みました。はじめは、1日20~30ページくらいのゆっくりペースで読んでいました。しっかり辞書をひきながら。


どうやら、これからはもう少しペースを上げて、SSS式多読の教えを守りつつ、読めるような気配がしています。今はまだChapter 8 ですが、読み終えましたら、この blog に書いてみようと思っています。


応援のクリックをいただけましたら、嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 英語ブログへ人気blogランキングへみんなの英会話奮闘記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

かいちゃん
2006年11月12日 07:22
お早うございます。

確かに導入部分に時間をかけるのは必要ですよね。最初のところがわかっていないと、全体的な筋をはっきりと追えなくなります。

私もペーパーバックを読むときは最初の10ページくらい丹念に読みます。特に、Tom Clancy の小説などは、国際社会が舞台となっているので、ロシア人や中国人やドイツ人、フランス人といった登場人物がたくさん出てくるために、最初は名前が覚えられないのです。山田さん、田中さんのような名前なら覚えられるのですが、○▲×ビッチとか△×●スカヤなんて、日本人に覚えにくいですよね。そこで、私は欄外に簡単に登場人物の名前と何者かをメモることにしています。これすっごく役に立ちます。
2006年11月12日 17:43
かいちゃんさん、いつもコメントをありがとうございます。

そうなんです。ストーリーに入り込むまでが結構時間がかかりますよね。

このハリポタ1には猫の名前にまで、Mrs.・・ とありますので、日にちをおいて読んだりするとえっ誰?って一瞬思ってしまったり。
欄外にメモを入れるっていいですね。私もしてみます。ありがとうございます。
2006年11月13日 23:05
こんばんは、Fumikaさん。
ハリポタUS版をお読みなんですね。私はUKのAdult版派です。ハリポタ1巻の語数はUKで約77,000語でUS版とそんなに語数は変わりがないと思います。
Anne of Green Gablesは102,000語ぐらいですね。私はAmazon.comのtext statsを利用していますが、本によってはないものもあるのでその時は概算で自分で計算することになります。
もうすぐ読みたいなぁと思っているLittle Womenは総語数が185,716語なので怯んでいます。
ハリポタ、Fumikaさんの思う方法でどんどん楽しんで下さいね(*´∇`*)
2006年11月13日 23:24
雫さん、こんばんは。
このUS版を買ったときは、あまりよくわからないで、ついUS版を買ってしまって、今頃どうしてUK版を買わなかったんだろうと後悔しています。
「ハリポタを英語で読める本」に各章の総語数が記載してあり、合計してみると、77,610語でした。UK版とほぼ同じですね。
Ann of Green Gables もいずれ読んでみたいと思います。
Little Women も・・・と思いますが、語数がすごいですね。どれもこれからの楽しみに取っておきます。とりあえずは、今のハリポタを最後まで読む事です。最近用事で出かけると、全く読まない日もあるので、なかなか進めませんが。
いろいろ教えてくださり、感謝しています。今後ともよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック