A Kiss Before Dying を読了しました。

Ira Levin A Kiss Before Dying を昨日読み終えました。

この本を読んでみようと思ったのは、多聴多読マガジン 創刊号に、この作品が 読みやすいレベルに書き直されたもの(graded readers )が紹介してあり、興味がわきましたので、原書にトライしました。

Ira Levin は他に Rosemary's Baby や The Stepford Wives , The Boys from Brazil など映画化された名作を数々書いています。この作品が作家としての最初のもので、Edgar Allen Poe Award もこの作品で受賞しています。

サスペンスの筋立てとしては、完璧!と言える位よく構成されていると思います。
また、よくもまぁそろって、一人の悪い男にだまされてしまう姉妹なんでしょう!と思ってしまいました。


全体が3部構成になっています。

Part One が、3人姉妹の末娘の Dorothy , Part Two が次女の Ellen , Part Three が長女の Marion を中心にストリーが展開されますが、常に、一人の男 がからんでいます。

この男は、私利私欲のために殺人を犯すのですが、Part One では常に名前が明かされず、三人称 he でストーリーが展開されます。この男は、Kingship 家の三人娘をすべてだますのですが、そのプロフィールは、handsome , intelligent で、fine speaking voice の持ち主です。

Part One では、末娘の Dorothy が妊娠した事を彼に告げ、彼は結婚するふりをし、また自殺に見せかけて殺害します。その手口は、まず毒殺を試みるのですが失敗し、結婚の手続きをするために行った Municipal Building の屋根から突き落としてしまうのです。

Part Two では、妹 Dorothy の死に疑問を抱いたすぐ上の姉 Ellen が、自分で調査するため妹の大学のある Blue River へ行きます。そこで彼女は二人の男性が怪しいと考え、それぞれに会うのですが、・・・。
結局そのうちの一人と Ellen は殺害されてしまいます。
ここまでは、私はまんまと Ira Levin の筋書きにだまされて、犯人を間違えて考えていました。

Part Three では、長女の Marion に関わる話が展開されますが、ここでもその男の魔の手が Marion に忍び寄り、だまされますが、・・・・。


この犯人は、自分の容貌にかなり自信があり、最初の殺人を犯すときに、

being so handsome was a definite handicap だと気づいた、とあります。

Dorothy は自殺だと警察当局も確定するのですが、この決め手は彼女の遺書なのです。
この遺書は、講義の最中に、男がスペイン語の課題ができていないからと、translation を頼み、Dorothy は

  Darling, I hope you will forgive me for the unhappiness that I will cause .
There is nothing else that I can do .

と書いて、この男に渡してしまいます。そのようにして遺書を作成し、男は、彼女の姉の Ellen に送ります。

少しこの男について取り出しただけでも、何とも許せない人間です。


この姉妹は、そろって一人の男に騙されてしまうのですが、サスペンスとはいえ、なぜか?考えてみました。

・幼いとき両親が離婚し、母親の愛情を知らない。
・また父親は仕事に忙しく、娘たちへの愛情は持ち合わせていたかもしれないが、娘の方は感じ取っていない。

特に若くて、経験のない Dorothy は、この男に “ baby ” と呼ばれると、言いなりになり、男もそれを見抜いています。

この作品は、とても読みやすく感じました。
語彙的にはところどころに格調の高い表現があり、そういう点からもう一度落ち着いて読んでみたいとも思います。

もっとじっくり読んでみようと思っていましたが、私事で忙しかったり、風邪を引いたりで、読めない日が続きましたので、ストーリーを思い出すのに後戻りしたり、・・・で日数が思いのほかかかりました。


これで、今年の目標の多読総語数50万語達成で、合計 512,594 words になりました。
読書に関してはこれから来月の終わりまでは、読める日に読もうという姿勢で、ゆっくり進んでいこうと思っています。

A Kiss Before Dying

応援のクリックをいただけましたら、嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 英語ブログへ人気blogランキングへみんなの英会話奮闘記

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック