本日の学習 ⑧

今日は、「1100words you need to know」の8th Week 4th Day から始めて、10th Week の最後まで終了しました。

用事を済ませながら、比較的すいすい進めることができました。

このあたりまで進んできて、問題に取り組みながら、「この単語は今までに同意語が出てきているはず」とか、「否定的な意味でつながっている単語が前にあった」 などと考えていることに気が付きました。

その中で、今日出てきた blatant はまだしっかりマスターできていない単語のひとつですが、「プラ単」でも取り上げられていて、ネガティブなイメージのものです。

 blatant : something bad that is blatant is very clear and easy to see , but the person responsible for it does not seem embarrassed or ashamed


とLONGMANで説明されています。
 『見て明らかで、具合の悪い事が、そのことに対して責任のある人がバツが悪そうだったり、恥じているように見えない』様子を表す形容詞で、日本語の「みえすいた」とか「露骨な」「ずうずうしい」にあたります。
blatant discrimination ( 露骨な差別 )とか a blatant lie ( みえすいた嘘 )のように用います。

このテキストで前に登場した flagrant と同意語であると「プラ単」にありましたので、こちらもLONGMANで確認しました。

flagrant : flagrant action is shocking because it is done in a way that is easily noticed and shows no respect for laws , truth etc.

『気づかれやすく、法律や真実に対して敬意を払わないやり方でなされる衝撃的な』という意味合いだと思います。
flagrant abuse /violation / breach etc と用いられ、例えば flagrant violations of human rights ( 露骨な人権侵害 ) という風に「虐待」「侵害」「違反、侵害」などという語が続きます。

「露骨な」という日本語で表される事の多いこの二つの形容詞は、厳密には次に来る名詞が違うように解釈しました。


この問題集は、解答の前までに 304ページあります。
3月4日から始めて今日が13日でちょうど10日取り組み、66ページ終わりました。
このペースで進めますと、あと36日で終われますが、どうしても外出してできない日を計算に入れますと、4月20日過ぎくらいには終わることになりますが・・・。せめて4月には終わらせないと!!頑張ってみます。



応援のクリックをいただけましたら、嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 英語ブログへ人気blogランキングへみんなの英会話奮闘記


1100 Words You Need to Know (1100 Words You Need to Know)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

さーに
2007年03月14日 06:36
おはようございま~す。

もう10週終わったんですか!?
すごいですね!追い越されそうだー(;^_^A アセアセ…
私は結局、17週のreviewまでたどり着けませんでした。blatantもしっかり忘れてたし。ま、私の目標はあくまでも最後までやり抜くことなので(開き直り^^;)前進あるのみ!の姿勢で頑張ります。

2nd editionは解答は259ページから始まります。40ページ以上も違うなんて、、今度大きい本屋さんに行って手にとって確かめなくちゃ。あ、でも近くに大きい本屋さん無いんだ orz
かいちゃん
2007年03月14日 07:33
お早うございます。

これらも blatant、flagrant いや~、なつかしい単語です。頻度は高くないけど、一年に何度かお目にかかる単語ですよね。まさしく1級レベルの英単語です。flagrant は、fragrantと発音がにているので混同しやすいんですよね。

いまのFumikaさんの集中度はすごいです。このまま英検を受けるまでキープしましょう!
2007年03月14日 10:45
昨日は何とか集中できました。
今日はどうでしょうか?
今、11週が終わりました。ちょっと一息つかないと・・・。

えっ!そんなにページ数が違いますか?
でも基本的なものは同じだと思いますよ。

道のりは遠いですねぇ。
2007年03月14日 10:56
かいちゃんさん

そうなんです。flagrantとfragrantと混同しやすいですね。でも、意味合いは、前者はマイナスイメージで、後者はプラスイメージで全く違っています。最初にfragrant がインプットされていましたので、大丈夫かなとは思いますが、・・・。

「極悪な」「ずうずうしい」というマイナスイメージの語がこのテキストにはどんどん出てきています。厳密な意味がこんがらがってきました。一度まとめる必要がありそうです。

この集中力をキープする事、これが 私には、imperative だと思います。頑張ります。
Mojo
2007年03月14日 16:32
flagrant は私の持っている英和辞典では、「目にあまる」「破廉恥な」「悪名高い」「罪の意識のない」と訳されています。で、そのまま覚えていたんですが、ロングマンの記述とは随分と異なりますね。他の英英辞典でも調べてみましたが、ニュアンスとしてはロングマンとほぼ同じ説明でした。勘違いしてました。ありがとうございます。
私には、英検1級受験時に覚えた単語を洗いなおすことが imperative のようです(^^;
2007年03月14日 22:58
Mojo さん

私の持っている Genius 英和辞書には、やはり
flagrant は「目にあまる」「破廉恥な」「悪名高い」「罪の意識のない」という説明がしてあります。
旺文社のComprehensive 英和辞書には、①「目に余る」「言語道断の」②「名うての」「極悪の(notorious)」a flagrant crime 大罪 ③(古)「燃えている」 とあります。
College Lighthouse には「(悪事が)露骨な」「極悪な」 とあります。

LONGMAN の説明では上記のように、flagrant abuse /violation / breach etc とあり、次に来る名詞がある程度限定されるように解釈しました。

今英検のための学習をしてみて、1級に合格された方々は皆さんすごい努力をなさった事が良くわかります。見習わせていただきたいと思います。

この記事へのトラックバック