一日の最初の取り掛かりはディクテイションから!

自分の英語学習の方向性を考えてみまして、足りないところは数々ありますが、中でもリスニング力を強化するためにはやはりディクテイションをしなければと再認識しました。
2月に毎日10日間連続してディクテイションに取り組み、正直言ってへとへとになりました。すっかりやめてしまったわけではありませんが、習慣として定着しませんでした。
始めの方は丁寧に聞けているのですが、終わりの方はエネルギー不足のため、比較的簡単な語も聞き取れていませんでした。
今、早起きできる時は、まずディクテイションをしています。
早起きできなくても、一番初めに取り組むのは一番面倒な(?)ディクテイションと決めて、まず済ませようと思います。
これまでは順調に進んできました。

今までは、自分の学習時間を計算していませんでしたが、「英語の虎さん」のブログを参考にして、1日2時間半を確保しようと思います。
そのために取り掛かる前と終わる時にメモをして、自分の学習時間を計算し始めました。しかも、厳しく!(集中していない時間や、他の方のブログを読む時間は全く計算に入れません。)
今月4日から始めました。4日は家庭の事情で、45分間しか学習していませんでしたから、昨日までこの不足をカバーするべく、頑張ってみました。どうにか今、1日平均2時間半に達しました。家事の合間合間の隙間時間を利用しての学習で、2時間半を確保するのは、工夫すれば現段階でそれほど困難ではありません。ただ長時間外出した時のために、できる時は目いっぱい頑張っておかないとと思っています。

ディクテイションは、BBC Learning English のサイトのものを利用しています。
今朝は、輸血に関するもの( 「 Blood Type Switch」 ) を2回に分けて終えました。

そこで、以前「プラ単」の後ろの長文に 「 Blood Substitutes 」 と題したものがあったことを思い出し、ここも読んで復習しておきました。

* 注意したい表現 (プラ単)

elusive : an elusive result is difficult to achieve

・・・ a safe and effective substitute has remained elusive until just recently .

[ つい最近まで、安全で効果的な代用品は成し遂げにくいままだった → 見つかっていなかった]


応援のクリックをよろしくお願いいたします。
みんなの英会話奮闘記


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Super源さん
2007年04月10日 14:32
Fumikaさん、こんにちは。(^^)/
いつも、読み逃げですみません。
先日からまた、ランキングバナーが復活したようなので、応援のclickを入れて帰りますね。
( ^-^)/ポチッ☆

それではまた!(@^^)/~~~
英語の虎
2007年04月10日 22:29
Fumikaさん、こんばんは。

一番きついディクテーションを最初にやってしまうってよくわかります。あとが楽になりますものね。僕も同じようにトレーニングの最初に持ってきていました。

お忙しい中、きっちり時間をとって勉強されている、しかもきついディクテーションを。この姿勢を多くの方に見習ってほしいものです。僕も気合が入りました。

僕のブログからリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。もしご迷惑ならおっしゃってください。

これからも応援しています。

2007年04月10日 23:55
Super源さん

私の方こそ、覚えにくい単語を何度か取り上げていただいて、勝手に喜んでおりました。
これからも、駄洒落で楽しく覚えられるヒット作を心待ちにしています。
応援ありがとうございます。
2007年04月11日 00:04
英語の虎さん、こんばんは!

コメントを残していただき大変嬉しく思います。
早起きして、ディクテイションに集中して、30分でも1時間でも済ませてしまうと、一日ゆったりと過ごせ、家族にも余裕を持って接する事ができます。

私の世代はリスニングの教育をあまり受けておりませんので、今力を入れていますが、実力はまだまだなのです。
英語の虎さんのブログを参考にさせていただいたおかげで、これからの英語学習の方向性が見えてきました。ありがとうございます。

リンクを設置していただけるなんて、大変光栄です。よろしくお願いいたします。
私のブログにもリンクを設置させて戴きたいと思います。

この記事へのトラックバック